治療のメリット

インプラント治療は、平成24年4月から保険の適用が認められています。但し、保険が適用されるケースは極めて限定的になっています。ですから、現在においても保険適用外の治療がほとんどだというのが実情です。 保険適用外ということは、治療費は全額自己負担となります。そして、インプラントの治療費の相場は、1本あたり30万円程度と非常に高額となっています。 ただ、この状況には変化の兆しが見えます。近年、インプラント治療を行う歯医者は増加しています。つまり、歯医者間の競争が激化しつつある状況なのです。競争を勝ち抜く有効な手段は、言うまでもなく、料金を下げることです。従って、インプラントの治療費が全般的に下がることが大いに考えられるのです。事実、すでに1本数十万円という相場よりも大幅に安い治療費を設定している歯医者は存在しています。

ただ、インプラントは高額な治療費を払うに相応しい価値がある治療法だと言えるでしょう。歯を失って元どおりの状態にすることは、とても大変なことです。事実、従来までの治療法では、歯の形状は再現できても、その歯で強く噛むことは困難でした。しかし、インプラントならば強く噛むことも可能なのです。 インプラントは人工歯根を埋め込み、その人工歯根に人工歯を取り付ける治療法なのですが、人工歯根は顎骨に固定されています。ですから、強く噛んでも問題ないのです。 なぜ、顎骨に固定できるのかというと、人工歯根が主としてチタンでできているからです。チタンには、骨と強く結びつくという性質があります。その性質が発見されたのは1950年代のことであり、治療法として世界中に普及され始めたのは1980年代のこととなります。 従って、インプラントは最先端の治療法ではあるのですが、同時に、すでに歴史もある治療法なのです。ですから、保険適用が認められたのは遅いと言っても良いでしょう。ただ、最近になって保険が適用されるようになったという事実を鑑みれば、今後、保険適用範囲が拡大され、治療費の相場が大幅に低くなることも期待できます。